印刷物イメージ

チラシはマスコミの媒体として用いられている、一枚の印刷物のことで、その印刷された情報を伝えるために、大量に印刷して、配布されています。
配布される量が大量でないと情報伝達効果が薄いとされているので、チラシは大量に配布されるために「まき散らす」行為から「チラシ」といわれるようになったとされています。

チラシといいますと、新聞などに挟み込まれているのを思い出します。
このチラシを折込チラシといいまして、スーパーマーケットなどの各種小売店や新車、中古車などの自動車販売、パチンコ店などはこの形態をとっていることが多いです。

駅前などの街頭で配る方法もありまして、こちらの場合はその場所近くに店舗をかまえている、飲食店などが多くなっています。
知らない土地で配布するよりも、近くで配った方が興味を持ちやすく、来店されやすくなるという理由から、街頭配布の形を取っています。

住宅やマンションなどの郵便受けに、無作為に投函されているチラシもあるのですが、この方法を取っている店舗は数多くありまして、中には風俗店などのチラシ配布されているため、住民とのトラブルにもなっています。
他にも、商品を購入した時に、袋の中に入っていたり、手渡しされたりするチラシもあります。

最近ではあまりみなくなりましたが、飛行機やヘリコプターを使用して、上空からチラシを投下する方法もあります。
そして最近ではインターネットで閲覧できる広告もありまして、デジタルチラシとして配信している企業も多くなっています。